0コメント

「モアナと伝説の海」 モアナのバトルヒロインっぷりに燃えた!

8月6日にDVDで
モアナと伝説の海.png
◎「モアナと伝説の海」
(2016 米 監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ)
を見ました。
ジブリの手描きアート風の海映画を見た後すかさず、
ディズニーの3D海映画である本作を鑑賞。
その映像表現の方向性の真逆振りに頭がクラクラしましたが、
どちらも素晴らしいので気持ちを切り替えて鑑賞。
KIN-Gはピクサーがディズニーに買収される以前の
ディズニーのアニメをほとんど見ていません
「シンデレラ」「ポカホンタス」「リトル・マーメイド」
「ライオン・キング」「アラジン」「アナと雪の女王」も、何も見ていません。
ディズニー興味無しっ子でした。
しかしピクサーの作品はほとんど見ているピクサー大好きっ子なので、
最近はディズニーのアニメだかピクサーのアニメだか
線引きが微妙な作品はチェックするようにしており、本作もそう。
(監督がディズニー出身者で製作総指揮がジョン・ラセター)
オープニングを見た時点でピクサー寄りだと分かったので安心。
ディズニーお得意のミュージカルシーンは冗長でいらないと思いましたが、
主人公モアナの完全バトルヒロインっぷりに燃えました。
中盤の海賊船でのアクションと
クライマックスの戸塚ヨットスクールばりのヨットアクションが良かった。
ニワトリやココナッツの海賊などの脇のキャラクターも可愛かったし、
安心して楽しめる良い映画でした。
あと、エイになったお婆さんを見て、
「エイが一番人間に近いって聞くけど、具合はどないでっか」
と言いかけそうになってしまったのですが、
ちょっと「レッドタートル」を引きずってしまってました。

この記事へのコメント