0コメント

「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」 アードマン作品で一番好き!めっちゃ面白い!

7月31日にDVDで
ヒツジのショーン.jpg
◎「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」
(2015 英・仏 監督:マーク・バートン他)
を見ました。
本作は、「ウォレスとグルミット」シリーズなどで有名な
アードマンスタジオが制作しているショートアニメである
「ヒツジのショーン」を長編劇場アニメにした作品。
子供たちがディズニーチャンネル好きなので、
ショートアニメの「ヒツジのショーン」はよく見ていますが、
ショートアニメ版は本当に内容が他愛ないので、
長編にして大丈夫なのかなぁといらん心配をしながら鑑賞を始めたのですが、
本当にいらん心配でした。
「めっちゃ面白い!!!」子供が叫びながら鑑賞
KIN-Gもゲラゲラ笑いながら心の底から楽しみました。
スラップスティックなギャグは勿論のこと、
シチェーションギャグや細かいネタなど、とにかく笑えるし、
完璧な構成でテンポ良く進んで行く脚本が素晴らし過ぎる
隅から隅まで気が配られた本当に良い仕事でした。
で、キャラクターが本当に可愛くて、見てるだけで涙が出てくるほど。
特に気に入ったのが、ブサイクな犬
ブサイクやけど本当に可愛かった
ですんで、ラストシーンのアレには涙がボロボロ
あぁ、ほんま幸せな気持ちになりました。
「ウォレスとグルミット」シリーズも好きですが、
アードマンスタジオ作品の中で今作が一番好き!!

この記事へのコメント