0コメント

「「超」怖い話」 超恐い話では無かった

7月12日にDVDで
超怖い話.jpg
◎「「超」怖い話」
(2016 日本 監督:千葉誠治)
を見ました。
本作は平山キチガイ丸大先生の原作を
3話実写映像化したオムニバス作品。
まずは第一話の「干瓢」
主人公が森でキャンプしている友人カップルと合流したら、
二人とも狂ってて何か食べてた
という導入部分は超恐い物語
しかしその後の展開で超恐い話にはならず
狂った友人のキチガイ染みた言動は良かったけどなぁ。
次に第二話の「教育実習」
教育実習生である主人公が放課後の学校で、
狂った保護者らしき人と遭遇してしまう、
という導入部分は超恐い物語
しかしその後の展開で超恐い話にはならず
キチガイ話かと思ったら心霊話だった時点で超恐くは無くなりました。
クライマックスから一旦テンションを落として、
たいした意味の無いラストシーンにつなぐのはどうかと思った。
最後に第三話「廃墟」
廃墟を探索する男女3人組が謎の言葉を発する霊と遭遇する、
というありがちなもので超恐い話ではなかった
物語の肝となるのが謎の言葉だが、
謎の言葉が恐怖に繋がるわけでは無く、
ラストシーンへの物語の繋がりにも違和感があったし、
今更エルム街の悪夢をやられてもなぁ
というわけで本作は「超」怖い話ではありませんでした

この記事へのコメント