0コメント

「変態だ」 世界に対して己の存在を真っ向からぶつける真にロックな傑作

7月8日にDVDで
変態だ.jpg
◎「変態だ」
(2015 日本 監督:安齋肇)
を見ました。
本作は、みうらじゅんの小説をみうらじゅん自身が脚本化し、
ソラミミスト」の安齋肇が監督した作品。
みうらじゅん案件の映画にハズレはありません。
加えて、主演が「ライヴテープ」「トーキョー・ドリフター」の前野健太で、
前野健太の妻役で濡れ場を演じるのが白石茉莉奈という、
完全にKIN-G得な1本。
見る前からワクワクが止まりませんでしたか、
見終った後、内から込み上げてくる熱い衝動
思わず天に向かって両の拳を突き上げてしまいました。
前野健太が大人のオモチャを駆使して雪山で熊と戦うクライマックス
(変態の態と熊は漢字が似ている)からの、
世界に対して己の存在を真っ向から叩きつけるラストに感動。
KIN-Gも世界に対して高らかに宣言します。
「あなたはKIN-Gですか?」
「違う!僕は変態だ!!!」

この記事へのコメント