0コメント

「シンドバッドの冒険」 これはいわゆるチェコアニメ

5月2日にDVDで
シンドバッドの冒険.jpg
◎「シンドバッドの冒険」
(1974 チェコ 監督:カレル・ゼマン)
を見ました。
昨日に続いてのカレル・ゼマン作品(5本目)。
本作は、シンドバッドを主人公に千夜一夜物語の有名エピソードを
チェコアニメ独特のキャラクター造形と技術でアニメ化した作品。
これまでに見たカレル・ゼマン作品と違って、
本作は実写合成無しの完全アニメーション作品。
というわけで、いわゆる優れたチェコアニメ
動物も人間もキャラクターが可愛くて楽しかった
特にワニがライオンを頭から食べるシーンが良かったなぁ。

この記事へのコメント