0コメント

「ドント・ブリーズ」 ジジイめっちゃ怖い

3月22日にDVDで
ドント・ブリーズ.jpg
◎「ドント・ブリーズ」
(2016 米 監督:フェデ・アルバレス)
を見ました。
本作は、空き巣を繰り返す若者グループが
傷痍軍人の盲人のジジイの家に忍び込んだら
死ぬまで追いかけ回されるハメになるという恐怖映画。
家に忍び込んだ襲撃者が逆に反撃されるという
「サプライズ」タイプの作品ですが、本作の面白い所は、
恐怖の対象となるジジイが特に強いわけでは無いこと。
盲人であるものの特に聴覚が優れているというわけで無く、
暗闇というギミックを活用しながら、
気合いと根性で若者を追い詰めて殺害していくジジイがめっちゃ怖い
覚悟完了済みのジジイと半端もんの若者の
息詰まる戦いに手に汗握りました
屋内でのジジイと若者たちのチェイス、車内でのヒロインと犬の攻防、
細かいアイデアの積み重ねが本当に見事
タイトなランニングタイムにギュッと面白さが凝縮された逸品で、
最初から最後までずっと面白くて、ずっとジジイが怖かったです。
story-photos03.jpg
あー面白かった!!!
でも、最近の映画でよくやる、
オープニングでちらっとクライマックスを見せる演出
あれはやめて欲しかったなぁ。

この記事へのコメント