0コメント

「火 hee」 椿鬼奴

2月24日にDVDで
火.jpg
◎「火 hee」
(2016 日本 監督:桃井かおり)
を見ました。
本作は、不幸な人生をひたすら歩み続ける狂った売春婦
精神科医に自らの人生を語る映画。
監督の桃井かおりが主演を務めているため、ほぼほぼ一人芝居
会話により真相が明らかになっていく会話劇ですが、
会話というより一方的な告白形式であるため、ほぼほぼ一人芝居
桃井かおりが自らの女優っぷりを見せつけるための映画です。
KIN-Gは特に桃井かおりのファンというわけでなく、
なぜ本作を見ようと思ったのかもよく覚えていません。
70分ちょいという尺が丁度良い感じでした。
映画についての感想は特にありませんが、
桃井かおりのテンションが上がれば上がるほど
椿鬼奴のモノマネの感じになっていくので思わず笑いそうになりました。
「個性的」とされる役者の一人芝居を見るのはしんどい。

この記事へのコメント